シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

スタジアムから詩神の声聞こゆ

ご無沙汰しているうちに夏全開になりました。
皆さん、元気ですか。

ご想像通り、オリンピックモード全開の篠原です。
ひと足先に始まったソフトボールとサッカーで、
もうだいぶ楽しんでしまいました。

いろいろな考えがあると思いますが、
いまは選手の皆さんが無事競技をまっとうできるようただ祈るのみ、と思っています。
ネガティブなニュースも多いけど、
各国選手の選手村や宿舎の様子を伝えるツイートや動画を見て、
我々がわあわあ言ってる間に、
誰かがちゃんと選手たちを迎える準備をしていてくれたんだなあ、と感謝したり、
いま、不安のない人なんて誰もいないから、
いろいろ大変だけど楽しんでほしいなあと願ったりしてます。

今夜の開会式はなんというかもはや怖いもの見たさというか(笑)
規模は違えど、ショーを作る、ということを多少なりとも知っている身としては、
スタッフの皆さん大変だな、何日寝てないのかな、
などとこっそり思ったりしつつ。
同じく、私は音楽家としてお客さんの力を知っているので、
無観客の無念さをいまなお往生際悪く噛みしめつつ。

私は音楽が好きで、スポーツも好きで、
お酒も好きで食べることも好きで映画を見たり本を読むことも好きで、
つまずいて転んでばっかの人生だけど、
いつも音楽がそばにあったり、
スポーツが奮い立たせてくれたり、
誰かと一緒に乾杯や美味しいものに癒されたり、
たまたま読んだ本の一行や映画のワンシーンに救われたり、
そうやってここまで来られたんだなあと、いまあらためて強く思っています。
だから、この困難な時期に、きっと力をくれると信じます。

「砲声ひびくとき詩神の声とだえ、砲声絶えるとき詩神の声聞こゆ」
カポーティの「詩神の声聞こゆ」という本の中に出てくる一説。
ま、いま砲弾が飛び交ってるような状態なので無理かなーとは思いますが、
スタジアムからの歌声に耳をすませつつ、
言葉じゃなく、理屈じゃなく、
いままで通り、欲深く楽しむ気満々です。

起こってもいないことを憂いても仕方なし、というのは、
父の生き方と死に方から学んだのかな、というか、親子だしな。

残念なこと多いけど、逆から見たら私も残念なヤツなんだろうし、
別にそれはいまに始まったことじゃないしね。
きれいごとには乗らない。それだけが矜持。
それでも生きることが好きだし、人間が好きです。

私らしく目先の一瞬を楽しみます。
皆さんもそれぞれ良い夏を!


Comments are closed.