シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

ナサケナイ

学童クラブの父母会費2000円を、延々と払わない人がいた。
父母会役員のあたし、たまたま取り立て担当になって、
連絡しても梨のつぶてで頭を抱えていたのだが、
こないだの途中で中止になった運動会の時、
人混みの中にそのお母さんを発見。
一緒にいたやはり役員のママ友と、それっとダッシュで直接集金。
あのー、と話を切り出すと、ああそうでしたっけくらいのかんじで、
ご本人はあわてるでもなく、申し訳なさそうにするでもなく。
いや、こんなところですみません、何度もお電話したんですけど、
学童の連絡帳にお手紙もはさんだんですけど、と、
なぜかこちらは一生懸命言い訳したり説明したりあやまったり。
無事集金して、そそくさとその場を離れて、
ほっとひと息ついたら、なんか急に頭にきた。

なんで間違ってる人の方が堂々としてるわけ!?
なんで迷惑かけられた方が、すいませ〜んとかあやまってるわけ!?

おっかしいよ、と思うけど、
こういうことってよくある。
でも、みんなが迷惑してます!困ります!って、
ちゃんと言える人もいるんだろうな。
要は言えなかった自分が情けないってこと。

今日も、仕事関係で似たようなことがあった。
そういう鈍感でピントのずれた人を相手にすると、
言葉を選んだり、傷つけないように気を配ったりということが、
心底むなしくなる。
だって、ホントはひと言で済むんだもん。

おめーが頭わりーからいけないんだろうがよ。

はあ。あたしやっぱりナサケナイ。


Comments are closed.