シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

歌い納めた

12月21日、快晴の郡山。
今年初めての旅が、2月の郡山だったんだけど、
10ヶ月後、今年最後の歌が郡山になるなんて、思いもしなかった。

地元郡山出身のシンガーソングライター、小野一樹くん主催のイベントで、
今回59回目となった「HOME」。
金曜とはいえ平日の夜。
地元で待っててくれた皆さん、
果敢に遠征してくれた皆さんに心から感謝を。

初めてご一緒したダーフーさん。
ふたりのお子さんへの思いを歌われた歌がとてもステキだった。
子どもの歌はどっちに転んでも「いい話」になっちゃうので、
ちゃんと作品にすることは、実はとても難しいんだけど、
自己満足に流れず、見事に音楽だった。
穏やかで朴訥な風貌、でも骨のあるブルースマン。
こういう刺激的な出会い、うれしい。

私は、と言えば、息子の風邪をうっかりもらってしまって、
ちょっと焦りつつ。
晴れの日も、雨の日もある。
2018年は、いろんな場所で、いろんな気持ちで、
いろんな色の歌を歌ったなあ。
peak actionのよく歌うアップライトとの出会いも忘れ難く。

小野くんちは、郡山駅そばのpeak actionからしばし離れ、
遠くに山が見えて、畑に囲まれた空の広い場所。
おおー、田舎だぞー、と大きな声で叫びたくなる。

窓の外に広がる空のように、愛ももてなしも大らかに山盛り。
小野おかあさんの打ち上げ手料理はこのたびも最強に美味。
夏に体調を崩してみんなで心配した小野おとうさん、
元気になって、ほんとうによかった。
何も聞かずに受け入れてくれるあたたかさと豊かさ。
目いっぱい甘えて、充電して来た。

私は、田舎者が嫌い。
田舎者、っていうのは、田舎に住んでる人のことを言うんじゃない。
東京の南青山あたりに結構いるらしいけど、
上品ぶってまわりを恥ずかしい気持ちにさせる人を、田舎者と呼ぶ。

そのように、
2018年の歌を納め、
帰って来たらPCの調子が悪かったり、
ついでに掃除機の機嫌も悪かったり、
やはり一筋縄ではいかない年と嘆きつつ、
幸いにして篠原美也子はまだ壊れてないようなので、
ゆるゆると飲みながら来週からの来年に思いを馳せております。


Comments are closed.