シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

思い出す、ということ

もう1年? まだ1年?
ありふれた感慨とは思いつつ。
小雪舞う中、春の花を持って初めての命日、お墓参り。
仲良しだった孫、ウチの受験生に愛と勇気を、と願いを携えて。

菩提寺のお住持さんがいつも、
「思い出してあげることが供養ですよ」って言うので、
今日は命日だしなるべくいろいろ、と思うけど。

なんかあった時、お父さんがいたらなんて言っただろう?
って思うことは増えた気がする。
生きてるうちは、意見聞こう、なんて思ったことなかったのにな。
普段は忘れてることの方が多くて、
でも時々、ああ、いま会って、酒飲んで、ちょっと話したいなって思う。
そしてそのたび不意に、もう会えないんだって気づく。

去年の今頃、卵みたいに抱いてた歌たちは、
「STAY FOOLISH」というアルバムとなって無事生まれ、
続けて生まれた次男坊「Lighthouse Keeper」は、
昨日にも明日にも誇れる忘れ難い作品になった。

お父さんがいてもいなくても、同じことやっただろうけど、
1年経って、やっぱり思う。
お父さんがいたら、なんて言っただろう?

ともにあった日を思うのではなく、
ともにありたかったいまを思うこと。
その淋しさの中に答えを探しながら、日々を行く。
思い出じゃない。思い出すって、たぶんそういうことだ。


Comments are closed.