シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

リハ、なでしこ、優れた娼婦

スタジオに籠って、最終リハ。
うまくないのは仕方ない。
無駄に力むのも性分だから仕方ない。
メンバーががっちり援護射撃してくれるから、
泥臭くてもとにかく最後まであきらめずに歌うしかない、と、
腹を決めて、鼻息荒く帰宅。

で、なでしこ観戦。

これまた、なんとまあ、泥臭い闘いっぷり(笑)

追いついた、と思いきや突き放され、
それでも追いついた、と思った刹那、最後の1点を奪われる。
「篠原美也子」みたいな展開じゃん。
でも、「やるなあ」って思わず声に出た。
カッコ良かった。やるなあ、なでしこ。

などと、

3日後に大一番を控えて、
「あたし金太郎飴」状態のあたしでありました。
何もかもをとても近しく感じて、
なんでも自分と重なっちゃう。
これはたぶん集中し始めてる証拠。

花村萬月さんの素敵な言葉。ツイッターより。

「娼婦は自分が愉しんでしまっては商売にならないでしょう。
しかも、優れた娼婦は大衆の慾望を見事にすくいあげて慰撫し、
それを金銭に換えるわけです。これこそが娯楽小説の本質です。」

優れた娼婦に憧れ続けて、まもなく19年。
駄目なんだよな、あたし、客に説教しちゃうタイプなんだよな(笑)

25時。ああ眠い。眠くて、文章をコントロール出来ない。
眠ります。


Comments are closed.