シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

午前三時の雨

雨の音で目が覚めた 午前三時
窓の向こうぼんやりと街のあかりがにじんで
背中向けて眠るあなたを見つめていたら急に
見知らぬ人のような気がして涙がこぼれてきた

なんでこんなにひとりなんだろう
こんなに近く なんて遠い背中

ひとりで生きる淋しさから抜け出したはずなのに
ふたりで生きる淋しさに今体中が悲鳴を上げてる

不意に声が聞きたくて肩に手を置いたけど
何て言おう この気持ち とても言葉に出来ない

午前三時に降る雨のよう
誰も知らない 心の軋む音

ひとりで生きる淋しさから逃げ出したわけじゃない
ふたりで生きる淋しさを確かに選んで歩き始めた

ひとりで生きる淋しさから逃げ出したわけじゃない
あなたと生きるこれからを確かにこの手で選んで

背中向けて眠るあなたにそっと体を寄せる
雨の音を聞きながら 呼吸を合わせて