シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

Biography

_MG_1647v5b

篠原美也子(しのはらみやこ)

シンガーソングライター
東京都出身、東京都在住。


1984年:曲作りと、ピアノの弾き語りによるライブ活動を開始
1993年:テイチクレコード・バイディスレーベルよりシングル「ひとり」でデビュー。
以後98年までの6年間で、アルバム6枚、シングル9枚、マキシシングル1枚をリリース。

2000年:小休止ののちライブ活動再開。
2001年:インディペンデンスレーベルよりミニアルバム「新しい羽根がついた日」を発表。
以後08年までにセルフカバー含む11枚のアルバムをリリース。

2010年:セルフレーベルSKYBEANS RECORDSよりアルバム「バード・アローン」発表。
2011年:バンド録音オリジナルフルアルバム「花の名前」発表。
2013年:デビュー20周年を迎え、20枚目となるアルバム「青をひとつ、胸に抱いて」発表。
全国11カ所の弾き語りツアー「青をひとつ、あなたのもとへ」、
東名阪バンドツアー「SWEET 20」敢行。


武器は研ぎ澄まされた歌詞と美しいメロディ、そして意志の強い声。
時に凛々しく、時に不器用に、けれどその誠実さは、
デビュー20年で20タイトルをリリースというコンスタントな足跡となり、
世代を超えて静かな共感を呼び続けている。

93年から95年まで、篠原美也子のオールナイトニッポン(水曜二部)パーソナリティを務める。
硬軟自在のマシンガントークで、ライブMCにも定評あり。
無類の酒好きで、自宅に仲間を招いての宴会中継USTREAM「居酒屋みやこ」、
なぜか「そらまめ」が主人公の絵日記ブログなど、
独自のスタイルで表現を発信している。

音楽にとどまらず、政治、スポーツなど多岐にわたる話題を綴った、
HPの人気コンテンツ「ノーコンエッセイ」を、2010年書籍化(ライブ会場、HP通販にて完売)。
ジャンルを問わないスポーツ観戦好きが縁となり、2013年秋より、
写真家・ノンフィクションライター宇都宮徹壱氏主筆のサッカーメールマガジン「徹マガ」にて、
「篠原美也子の月イチ雑食観戦記」連載スタート。
独自の視点で切り取ったスポーツを、詩情あふれる文章で書き綴っている。