シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

ありがとう、京都

2011年3月19日土曜日、
京都SOLE CAFEにたどり着いてくれたひとたちに感謝を。
たくさんの元気な顔が見られた、
それだけで、あの日のライブは100点満点でした。
救われたのは、あたしです。
ほんとうに、ありがとう。

あたたかい心遣いでまっすぐに迎えてくれたSOLE CAFEに感謝を。
この時期、このタイミングに歌うことが出来たことは、
きっとこれからの篠原美也子の支えになるでしょう。
いい出会いをいただいた、と思っています。
ありがとうございました。

シノハラファンを広言してくださり、
ずっと親しくさせていただいている京都在住の作家、綾辻行人さんも、
お忙しい中駆けつけてくださいました。
ほんとうは新しいご本の宣伝で入れ違いで東京に行かれるはずが延期となり、
思いがけず久々の再会。
力強い励ましに感謝を。
お会い出来たことが、何より勇気になりました。
ありがとうございました。
110321-2

さすがに先週1週間はモノを考える気力ゼロで、
ピアノの前でぼんやりしてばかり。
行きの新幹線の中でやっとメニューが決まり、
お土産袋に間に合いませんでした。ごめんね。

独唱2011〜Journey〜
3.19 京都 SOLE CAFE

01.花束 ’05「half moon」
02.flower  ’01「新しい羽根がついた日」
03.ひとり ’03「SPIRAL」
04.loop of smile ’05「us」
05.感情 ’06「レイディアント」
06.Wing with Wind ’10「バード・アローン」
07.いずれ散りゆく花ならば ’10「バード・アローン」
08.compass rose ’10「バード・アローン」
09.逆光 ’06「レイディアント」
10.光 未発表
11.Journey ’05「us」
12.イノセンス 未発表

E.C.
01.Good friend ’04「everything is passing」
02.Dear ’03「SPIRAL」
03.一輪 未発表

E.C.2
01.LIKE 17 ’03「SPIRAL」

東京は、相変わらず不安に揺れています。
誰もが疑心暗鬼の塊になり、
希望と絶望が足を引っ張り合っています。
正義や真実という言葉が、とてもむなしいです。
絶望を撒き散らかさずにいられないひとも、
目をそらし、耳をふさがずにいられないひとも、
同じように不安なのだと思います。
インターネットが、
今回ほどあざやかに諸刃の剣ぶりを露呈したのは初めてだなあと、
つくづく思っています。

でもね。

もしも明日 世界が終わると知っていても
花を植えよう 約束をしよう
愛を告げよう

これはもう10年以上前に書いた「flower」という歌の歌詞です。
歌詞だから、ではなく、
こんなふうに生きたいと思ったから、この歌を書きました。
今もそうですし、今こそ、そうありたいと思っています。
たとえ真実がどのようなものであったとしても、
私はひとのせいにするのは嫌いだし、
安全な場所からものだけ言う下品さが、嫌いです。
篠原美也子はそのように歌い、生きてきたつもりです。

今はただ、信じて、祈っています。
とても難しいことだけど。
そして来たるべき時に備えて、音楽の準備を続けます。

希望を。

それが私の仕事なので。


9 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です