シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

しゃああらへんわね

あけましておめでとうございます。
たぶん1年前は、おお25周年イヤー、ホントに来ちゃったんだなあって言ってたなあ。
いろんなことはちゃんと来て、ちゃんと過ぎていく。
びっくりするくらいに。

大晦日、日付が変わったあとは、
毎年恒例ライブストリーミングroom493神社にて新年のご挨拶。
トラブル続きで、最初はツイキャスラジオからスタートするという、
相変わらずの出遅れっぷり。
お付き合いくださった皆さん、ありがとう。来年もやれるといいな。
次回からはこまめに点呼するので(見た人はわかる)。

元旦はダンナ実家からスタート。
結婚して以来、ダンナ実家での私のミッションはじいじと飲むこと。
ばあばは下戸、ダンナはもともとあんまり飲まないし車だし、
よし!そっち方面はおれに任せろ!ということで、
遊びに行く時はファンの方からいただいた中から美味そうなのを1本ぶらさげて、
皿一枚洗ったことなく、ひたすら食べて飲むだけのありがたい嫁ライフ。
でも日頃サビシクひとり酒のじいじはいつも喜んでくれてるので、
ま、これも孝行のうちかなーなんて思ってたけど、
もうすぐ退位の天皇陛下と同い年のじいじ、さすがにあちこちガタがきてて、
今年はちょびっとカンパイしただけで、あとは私ひとりで酔っ払ってた。
あったかくなったら、なんか美味しいもの食べに行こうね、と約束した。
行こうね。何食べようか。
私いくらでもカンパイするから、きっと行こうね。

翌日は、私の実家ばあさんと妹夫婦と一緒に、
篠原家基本の正月、近場温泉へGO。
息子が中学生になってなんだかんだ忙しくなり、
父の体調がいまいちだったこともあって、ここ数年はお休み。
去年はついに父が亡くなって初めてのお正月で、
妹のウチに集まって「去年はおとうさん、いたねえ」と言いながら。
ひとりになって、めそめそしたりしょんぼりしたりも多いばあさん。
「去年は全然そういう気持ちにならなかったんだけど」
今年は行こう!と言い出して、久しぶりの一泊二日。
お天気にも恵まれて、楽しい旅でありました。

昔はとにかく、飲まない妹を除く父と母と私で、
風呂→飲む→風呂→飲む、のくり返し、
新陳代謝の限界に挑戦、的な罰ゲームみたいな正月。
(詳しくは「スポーツに恋して」133ページ”オンリーワン、ナンバーワン”参照)
宿もまだ持ち込みとかうるさい時代だったから、
意地汚い酒飲みはカバンの奥に缶ビールとか日本酒の瓶とか突っ込んで、
部屋に行ってから見つからないように窓の外に並べて、
(外が寒いから冷蔵庫より冷える)
夕飯の時ガンガン飲みながら、中居さんが襖を開ける音がすると、
「隠せ!隠せ!」とテーブルの下に入れたり、どてらをかぶせたり、
いま思うとそんなたわいないことをわりと真剣に楽しんでた。
カモフラージュに、いちおうビール1本、お酒1本くらい頼んだりして。
私と母はケチんぼだからな。
父は鷹揚な人だったので、大広間の朝ごはんの時とかは、
いいじゃんいいじゃんとビールやお酒を頼んでた。

母はまだすこしは飲むけど、さすがに80の坂を越えて、
往年の勢いには程遠く。
持参の大吟醸をちびちびやりながら、
みんなでとんねるずのスポーツ王を見て大笑いののち、おとなしくお布団へ。

私もすぐ眠くなっちゃうんだけど、
あちこちで飲み相手がいなくなるの、サビシイなあ。
息子が早く追いついてくれないかしら。
温泉好きで今回も喜んで付き合ってくれた16歳。
もうすぐ一緒に飲めるかな、それまで私もがんばろ。

今年最初に読んだ本。
普段こういう本はあまり読まないんだけど、
ワールドカップイヤーだし、もう大丈夫だろうと思って買ってみた。

まだ、全然、さよならが言えなかった。

「しゃああらへんわね(仕方ないですよ)」
病気がわかった時、平尾さんはそう言ったそうだ。
私もそんなふうでいたいな。
理不尽におおらかでありたいな、と、2019年のスタートに思ったこと、
忘れないで行きたい。


Comments are closed.