シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

そのことの方が僕は恥ずかしいと思っているので

やりたいことでもなんでもなかったのに、
レコーディング出来ないよりはまし、と妥協してアルバムを作ったことがあった。
もう20年近く前のことなのに、いまでも時々思い出す。

それは音楽の問題じゃなくて、自分の気持ちの問題で、
「生きる」みたいなこと歌ってきたのに、
生き方を曲げてしまった気がして、なんだか情けなくて、恥ずかしくて、
「嫌だ」とちゃぶ台を返せなかった自分がいまでも歯がゆい。

サッカー本田圭佑選手のドキュメンタリー番組見ながら、
私はなんとなくそんなこと思い出していたわけで。

ああ、この人はものすごくサッカーが好きで、
ものすごくワールドカップに出たいんだなあと思った。
でも、大事なのはサッカーでもワールドカップでもなくて、
それらを通じて自分を生きる、ということなんだろうなあとも思った。
自分に対して落とし前をつけないと気が済まない人なのだ、きっと。
31歳。あの時の私も、ちょうどそれくらいの歳だった。

ま、私の話はさておき、
こういう選手がいてもいいんじゃない?くらいの感じだと思うんだけど、
やっぱり世間はビッグマウスには冷淡なのかしら。
そんなに目くじら立てるほどのことじゃないと思うけど。

曲げずに行けるなら、行ってごらん。
答えは何十年後かに、出るかもよ。
正しいか正しくないか、より、
恥ずかしいか恥ずかしくないか、で物事を決めるって、
私は素敵なことだと思うよ。

感傷的ウォッチャーとしては、
これでやっとワールドカップを見る動機が出来たわ、と思う次第ですが、

私、サッカーに関してはど素人ですので、念のため(気分は太字)

と明記しないとものを言いづらい、というのがめんどくさい。
「監督には確固たるやりたいサッカーのイメージがあった。
でも、日本代表が全くそれを実現できていない現実があった」
という発言を、やっぱ現場は正直だなあと思ったり、
「プロフェッショナルとは?」
「ん、ん、、ケイスケ・ホンダ(笑)」
いいぢゃないか、いいぢゃないか、と笑えるのも、
ど素人だからかもしれないけどね。

さ、今日ものんきに、MLBとお相撲とプロ野球とテニスを見ようと思います。


Comments are closed.