シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

グッドラック

2017年九月場所、4日目。
4横綱のうち3人が休場で、白鵬の土俵入り見たかったのになあ、とか思ったんだけど、
結果的にはここで見ておいてよかったんだな。

白鵬みたいに盤石じゃなかったけど、
速さと巧さのある横綱だった。
日馬富士関、おつかれさまでした。

去年、若いバドミントンのトップ選手が博打にハマったことがバレて、
選手生命を失う勢いで叩かれた時、藤島大さんはNumberのコラムに書いた。
「違法は違法。ただし「社会的制裁」とのバランスについては考えたい」。
「愚行」と「悪徳」を一緒くたにせず、
しかるべきペナルティののち、更生のチャンスを、と藤島さんは説いた。

いろんな意見があっていい。
でも私は、やっぱり、とても。残念で、
どんないきさつにせよ、道を断たれた元横綱の無念さを思わずにはいられない。
その社会的制裁は、ジャスト(正義)ではあったけれど、
フェア(公正)だっただろうかと、考えずにいられない。

自分だったら、いまどんな気持ちだろう。
自業自得、と突き放せるほど、私は立派じゃないよ。

暴力を肯定しない。
でも、暴力ってなんだろう。
「正しさ」の名の下に横綱を追いつめて叩きのめしたのも、
同じものなんじゃないか。
殴らなかった、というだけで。

賢い友人たちは、きちんと黙っていて安心する。
私は愚かなので、つい言葉にしてしまう。
白か黒、勝ちか負け。
人生がそんなに簡単でたまるかよ、と歌い続けてきたから。

こうやって切り捨てていったら、
やがて一点の曇りもない善人だけが残って、
素晴らしい世の中になるんだろうか。
みんな、そういうのを望んでいるんだろうか。
グッドラック。ひとつだけ確かなのは、
そういう世の中には音楽なんて必要ないってことだ。


Comments are closed.