シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

夕暮れ

三日月と、名残惜しそうな雲。
きれいな夕暮れでした。

こないだの、来年引退する安室奈美恵さんのインタビュー番組、
面白かった。
もちろんお会いしたこともお話したこともないけど、
そうか、ずっと同じ時代に歌ってきたのだなあとあらためて。

あんなに真面目に真摯に取り組んでたら、
25年でおしまいっていうのは(ほんとうは20周年で引退したかったそうだけど)、
なるほど無理もないなと、普通の感覚かもなと思いつつ、
でもあれだけトップになったら普通はもうちょっと意地汚くなるもんだから、
そうならずにスパッとおしまい、というのはやっぱ普通じゃないなと。

山口百恵さんの進化形なのかもな、と思った。
百恵さんは結婚でスパッとおしまい。
それはあの時代の区切りのつけ方で、それでも度肝を抜かれたけど、
安室さんの、惜しげもなく、という風情に、
ふと百恵さんを思い出した。
願わくばぜひ戻ることなく、振り返ることなく、
颯爽と立ち去ることで、永遠になってほしい。

一生歌い続けます、という美しさもあるけど、
スパッとおしまい、もステキね、と思うのは、
トップランナーにしか出来ないことだからかもね。

カットアウトの25周年もあれば、
長い長い夕暮れの中での25周年もあるよ、と。


Comments are closed.