春のピアノ


160424-2

記念グッズがギリギリになったり、
前日になって禁断のセットリストちゃぶ台返しをやったり、
3年ぶりの春のワンマンは準備段階にトラップ多しで、
終わったら死ぬなあ、と思ってたので、
一夜明けてまだ生きててああよかった、という感じで。

答えはわからない。いいのか悪いのかもわからない。
ただ、とにかくさなかを生きてる、逃げるな、と、
本番の間じゅう心の中で叫びまくってた夜でした。

満員御礼。
集まってくれてありがとう。
あなたのさなかで、私の歌を選んでくれてありがとう。
春は終わったけど、またきっと、会いましょう。

次回ライブ決まってます。LIVEページへどうぞ。
7月には最強リズム隊と3年ぶりのトリオも、やります。

160425

篠原美也子23th Anniversaryワンマン
「春のピアノ」
YOKOHAMA O-SITE

01.桜駅
02.満天
03.ありふれたグレイ
04.前髪
05.風のかたち
06.月の河
07.心歌
08.Time will tell
09.いずれ散りゆく花ならば
10.夜間飛行
11.flower
12.逆光
13.ひとり
14.LIKE 17

E.C
01.秒針のビート
02.誰の様でもなく
03.Journey


11件のコメント

  1. アドレナリン出っぱなしで元気なんだけど、明日あたり急に電池切れそうでこわい!(笑)
    今夜はおうちでゆっくりカンパイします。
    皆さん、ありがとう。

  2. あいかわらずなかなかライブには行けないけど、美也子さんの歌をこれからも連れていきます。おめでとう、ありがとうヽ(´▽`)/

  3. 美也子さん 昨晩はお疲れ様でした

    声をピアノの音を体全体で感じられるライブはやっぱり良いですえ
    今は幻となったちゃぶ台ひっくり返し前のセトリ組んで「春のピアノ」を
    楽しんでます(笑)

    そういえば「LIKE17」のガッツポーズ後マイクにぶつけた頭は何とも
    なかったですか?

    アンコール前はMCで震災のことに一切触れなかったので、なんでかな?
    と思っていました。募金箱おきますとの告知もありましたしね。
    でもちょっとひねくれ者の美也子さんのこと。きっと震災のことを極力
    言わず何かメッセージを伝えたいんだろうなあと思ってた矢先、
    EC一曲目「秒針のビート」でああなるほどと思い、
    「誰のようでもなく」になったとき確信に変わりました。

    先のブログにはにげるなとありましたが、私がその時に思ったのは
    必死に立ち続けて抗おうということでした。まずは自分自身に対して。

    ただ最後の曲が「Journy」は先から決めていたんですね。自分のとっては
    救いになりました。先の2曲で今後、どう戦っていこうと思っていた矢先
    MCで自立(自律)は一人で生きることではないからねと言っていただけ
    ましたので。
    「Stand and Fight」だったら私途方にくれていたかもしれません(笑)

    私は私なりに抗います。また行きます。楽しみにしております

  4. ほんとのタイトルリストを確認しました(笑)。
    20年ぶりのライブで、そんなに歳月が流れていたのかと・・・。
    色んなことありましたが、心の様相はさほどかわってないなあと痛感させられました。
    ひとついえることは、美也子姉さんに出会い、春のワンマンライブに来た23番目の季節は
    私には最高のさなかになりました。
    私めの長男ぼうずもちゅういちになりました。
    とぎれた歌をまた拾い集めて身体に流し込むために、また、時間を見つけて伺います。
    美也子姉さん!
    引き続きのNice one tryを祈念致してております。
    形にならね思いを込めて・・・・・深謝。

  5. またきっと。
    必ず、きっと。

  6. 美也子さん、お疲れさまでした。
    そして23周年おめでとうございます。

    美也子さんの叫びとともに、祈りを受け取りました。
    九州に、そして東北にも充ち渡ることでしょう。

    私のさなかでしっかり受け止めて、抗いながら進みます。

    P.S 美也子さんのライブに8年ほど通い続けて、今回初・おみやげ袋と相成りました。
        幻のセットリストですね

  7. 「前髪」を初めて聴いたのは大阪のリサイタルホールやったな。
    一曲目の「桜駅」の歌詞のように当時の自分のことをごんごん思い出して、
    篠原美也子のホールコンサートに一緒に行ってた人のこと思い出したら
    ラブソングコーナー続けての2曲目「風のかたち」で涙腺が壊れてしまった。

    普段泣き慣れてないから、泣き止み方がわからなくて呼吸困難になった(笑)

    もうその人は数ヶ月の余命もないので
    無意識に見送る気持ちで聴いてたんかも、とあとになって思いました。
    かたちに残るものは全部処分してすっきりしてたけども
    “篠原美也子の歌”は共通財産のまんまやったんかな~、どうなんかな。

    「また篠原美也子~?」って新しいアルバム渡す度に笑われたことも
    この23年間の記憶の中にしっかりとあります。

    書こうかどうしようか迷ったんですが、
    私にとってこの春はそういうライブになりました。

    MCであまりにも健康な美也子さんがインフルエンザにかかって、
    かかりつけの医者にびっくりされたって話もされていましたが。。。

    毎日吞み過ぎて体調悪いわ~…
    って放っといたら末期でした、というオチは要らないです。
    やりたいことあったり、会いたい人がいるうちはちゃんと健康でいないとダメですよ。
    493組の皆さん。
    ファン歴長い人はそれなりの年齢になってると思うので(笑)本当にご自愛ください。

    私は来年も再来年の春も、
    美也子さんや美也子さんに会いに来る人たちに会えたらいいな、と思います。

    美也子さん、お手数ですが私の好きな熊本、阿蘇への寄付よろしくお願いします。

  8. こんばんは♪
    最近、ご無沙汰ですけど、お元気そうで何よりです♪(^-^)

    また、会いに行きますね♪
    子育て落ち着いたら~(笑)

  9. 「無事たどり着けてよかったね」、その言葉を聞いた時こみ上げてくるもので
    前が見えなくなりそうだった。
    久しぶりの春に参加できたことに、ただただ「ありがとう」と言いたい。

    「前髪」から続く恋の歌に
    照明が落とされ背後からの光を受けての「逆光」、
    今伝えたいことがいっぱい詰まっていたような気がする。

    帰りの電車の中で思った。
    おみやげ袋を開けてひっくり返った人いっぱいいるんちゃう?

  10. 美也子さん、23周年おめでとうございます。
    425ワンマンライブ、お疲れ様でした。

    セットリスト、ちゃぶ台ひっくり返した事とかを含め、ノーコンエッセイで自問自答とか書いて欲しいです。
    それから、オリジナルグッズの乾杯グラス、再販希望します。
    よろしくお願い致します。

  11. 篠原Worldに出会って4年・・ライブ参戦13戦。
    遅咲きでごめんね・・・。
     
    今回のライブ、すごーく良かったよっ!
    ベスト3に入るかも!
    まだ、生で聴いていない曲に出会える喜び。

    またチケット2枚買って(笑)、誰か引き連れて行きますね。
    サポーターを着実に増やしていま~す。^-^
    いつもありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です