シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

花束

100410

7th floorのスタッフの皆さん。
そのあたたかい心遣いに。ギネス飲み尽くし、すいません。

卓夫さん。
不器用で、でもとてもやさしい、そのピアノに。

参戦してくれた皆さん、
それぞれの場所で歌を思って過ごしてくれた皆さん。
その思いの深さに、美しさに。

言葉が手に取れるなら、
ありったけのありがとうを束ねて贈るのに。

出来ることが他にないので、
せめて歌い続けようと、強く思いました。
ここから、また出発。

夕暮れ時。
刻々と変わる空の色を見ながら歌った「風のかたち」。
一生忘れない。


26 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です