花のもとにて


150301歌い初めヨコハマ、無事終了。多謝。

何にも言わずに、歌を全部受け止めてくれた松田文さんに感謝を。
緊張しつつも、安心してわがままな歌が歌えました。
目撃者となってくれたお客さんひとりひとりに感謝を。
篠原美也子の歌を好きでいてくれて、ありがとう。
何を隠そう、私も篠原美也子の歌が大好きなの。
好きなものが一緒で、うれしい。ありがとう。

語られなかった言葉こそが物語で、
歌われなかった言葉こそが歌で、
それを思い合うのが、人で。

でも、愛は時々言葉にしようね、お互いに(笑)

まだ私ゆうべのことをちゃんと振り返れてないんだけど、
そちらから見てて思ったことがあったら、ぜひ教えてね。

新しい歌をたくさん抱いて、春を迎えられる喜びを噛み締めつつ。


13件のコメント

  1. 新しい場所での、今年初めての歌声。
    余熱に浸りつつ、いろんな気持ちがいま心をめぐってます。
    また、お会いしましょね。

  2. 「my old laver」にグッと来ました
    「前髪」で、綺麗なお姉さん風のジャケット思い出しました(笑)シングル買っておけば良かったなぁ、と今更

  3. 「花のもとにて」、参加させていただきました。

    自分が高校生の時に美也子さんを知ってから早20数年。
    ずっと寝る前に聞いていたり、カラオケで必ず歌っていたりしているのですが、ライブ参加どころか、ご本人を生で目にすること自体初めてで、歌に酔いしれて涙が出てきてしまい、まさに夢のようなひと時でした。

    ところが、実のところ、横浜駅を出てから、道に迷いまくって、30分遅れで会場に入ってしまい、ずっと入口で立ち見という失態を犯してしまったのはここだけの話。
    悔やんでも悔やみきれないので、また長野県から会いに来ます。

    この日に感じた熱量と、忘れたはずの甘酸っぱい青春の記憶を胸に、ふたたび美也子さんと出会うことができるという奇跡を待ち望んでいます。
    まだまだ、今年の仕事納めには早いですよー。

  4. 結構昔から篠原美也子さんの歌が大好きです、新しい曲ももっと聞きたいです。

    東京百歌(nest)でまた会えたと時には、帰ってきてすごくうれしかった。

    いつまでもまってますよ。そして次も必ず聞きに駆けつけます。

    また会えますよね、また会いましょう。

  5. あの会場に「怨念」を見に行っていたひとりだったからなのか、とてもいい会場だと感じました。あの小屋の美也子さんを何回も見たいと思いました。

    ニューアルバム公開リハーサルw でしっかりと形が見えたと思うので、勇気を出して言っちゃえばいいのよ。

    と、無責任な立場は簡単に言います。
    裏側にある美也子さんの闘いは過酷なのかもしれませんが、インターネットという新しい技術が、インディペンデンスの美也子さんを支えた様に、新しい何かが、美也子さんの想いを形にしてくれるといいなって思います。

  6. 美也子さんから生まれる言葉が、歌が好きです。ええ、本当に好きなんです、大好きです。そして、好きでよかった、これからも。

  7. 久しぶりに参加させていただきました。
    とても濃密な時間を過ごさせていただきました。

    怒濤の未発表曲ラッシュには驚かされました。
    でも、歌詞がちょっと先読みできてしまったのをこっそり告白。
    いつもと変わらない美也子さんのステージを期待しながら、新しい何かを求めている貪欲な聴衆をお許しください。

    心躍るようなお知らせをまた楽しみにしています。

  8. 数年振りに参加できました
    松田文さんとの誰の様でもなくは秀逸でした

    Wアンコールで
    これ聴いたらホントに帰ってね
    と言って急なリクエストにも応えてくれる姿が好きだったり(笑)

    子供が生まれたとステージ上で抱いている姿を見せてもらったと思ったら
    この3月で小学校卒業という時の流れに驚きつつ・・・

  9. 思ったことですか?個人的な感想なので間違っていたらごめんなさい。

    美也子さんはライブの度に自分の曲をいったん壊しては作り直しているのでは…
    と感じたことです。
    アレンジではなく、壊して作る。個人的にこっちの言葉のほうがしっくりきます。

    もしそうだとしたら、アルバムの時点で完成させたものを、一旦否定しなければ
    ならなくなります。ライブの度にもう一度ゼロベースから曲作りをしていると
    すれば、大変な苦労です。考えすぎでしょうか?

    でもライブの度に新鮮に生まれ変わっている曲をきいていると、そう思えて仕方
    ありません。まるで新しい生命の息吹を吹き込まれたかのような今回の曲のことを
    反芻しながら思い出すにつれ、そのようなことを思いました。

  10. わかってんなー、だろうが、わかってねーなーだろうがどっちでも、いーやー。誰よりも美也子さんが、そして美也子さんの歌が好きなのはオレ、はゆるがないから。
    円盤と箱のスパイラルが止まらなければ、これからも何もゆるがない。

  11. 228の横浜。ずっと覚えていたいライブでした。いつもにも増して。
    「新しい羽根がついた日」の横浜インストアで人生初めての遠征をしてから、
    ずいぶんたくさんのライブを観てこれたこと、
    歌うことを選んでくれた美也子さんを応援していたようで
    逆にいつも支えてもらってたこと、いろいろ思い出しました。

    一番後ろ、最上段の席で俯瞰してたからなおさら満喫できてよかったです。

    美也子さんが篠原美也子のファンでうれしいです。
    文さんとの未発表曲づくし、篠原色の歌でした。全部好き!
    私は欲が深いので「早くお持ち帰りしたい!!」とつい思ってしまう(笑)

    美也子さんの歌は「もう覚えてるから買わない~」という気にはならず
    新しい銀色の円盤が出る度に万歳三唱で買ってしまうこと間違いなしです(笑)

    同じ歌でもライブによって違って聴こえたり同じ歌にいつも涙する人、
    会場は変なおにーさんおねーさんばっかりで本当に申し訳ないけど(笑)、
    youtubeやCDで観たり聴いた気になってても
    ライブはまたさらに違うものが感じられることがあったりするのです。
    だからやっぱりライブに足を運んでしまうんです。

    いつか大人になったご子息様が
    「あの変なおにーさんおねーさんたちの気持ちがわかるわ~」という日が来ればいいな(笑)

    人様に本棚を見られるのが心理的に抵抗あるように、
    篠原美也子の歌もそれに近いものが私の中ではあるのですが。。。
    でもこうやって篠原美也子の歌に集う人たちを見れるのはうれしいです。
    本当にいいライブでしたよね~!

    …たったこの程度のコメントすら、
    テレビや音楽を消さないと書けない私は漢字テストやばいかも(笑)

  12. そうですね。以心伝心はステキだし、いつもいつも全部まるまる言っちゃうのも無粋なのかもしれないけど、でも結局私は言いたがりで隠し事がヘタなので、やっぱり言います(笑)
    美也子さんと、美也子さんの目に映るものと、そこから生み出される歌が大好きです。
    私に予言能力はないけど、これからもずっと好きでい続けるんだろうなということだけは予言できる気がします。

    未発表曲の数々、いつか銀色の円盤に入るのを楽しみにしています!

  13. いつだかの日本青年館以来のライブでした。お客さんの数寄の密度が違うな。というのが感想でした。好き勝手に誠実に生きている篠原さんの「言葉」を聴きに、またお邪魔したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です