シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

逃げ出せるものならば

朝っぱらから5歳児餓死のニュースに号泣でぐだぐだ。
死んだ子の体重6キロ。
ウチの息子は決して大きい方ではないけれど、
5歳の時16キロあった。
その差10キロの中には、
ブドウのハイチュウやマックのポテトだけじゃなくて、
ボウケンジャーやウルトラセブンやプラレールやかけっこが入ってる。

みすみす死なせるくらいなら、
なんで道ばたに捨ててくれなかったんだと、母に、言いたい。

昨日サッカーちょっと見ながら、
オリンピックが終わって以来、さっぱりテレビ見てないなあと思った。
結局スポーツしか見る気がしなくて、
スポーツは、嘘がないからだね、と、ダンナと話した。
ニュースもねえ。
報道ステーションにトヨタの社長が出て、
古館キャスターに言いたいこと言われてる、みたいなのは、
やっぱこれはこれである種の嘘なんじゃないかって思ったり(笑)。
嘘がなきゃいいってもんじゃないんだけど、
なんか、作り物は疲れるなあと思ったりしてしまうのね。

逃げ出したいのかもしれないなあ。
虚構に、あるいは現実に。
おなかがすきすぎて死んだ子も、
逃げ出せるものなら逃げ出したかっただろうなあと、
結局思いはまたそこに戻り、
ずどんと底値のココロで午後から保護者会で学校に行ったら、
学童クラブのお部屋でステキなものを発見。

100304

ナイス!と大笑いして、ココロなごみました。


Comments are closed.