シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

スタイル

全8巻。
読み終わる前に死んじゃったらどうしようと思いながら、
ついつい読み始めてしまった。

140617

「竜馬がゆく」とか「燃えよ剣」とか若い頃読んだけど、
久しぶりに読むと、司馬節と言うか、独特の語り口が新鮮。
ポイントは、改行と、ひらがなが多いこと。

歌詞も含めて自分でものを書く時、
出来る限り平易であること、というのがいつも基本にあって、
当て字とか嫌いだし、
やたらひらがなも、逆にやたら漢字も、わざとらしくて嫌いなんだけど、
司馬さんの文章は、抵抗なく、ひらがなきれいだなあって思えた。

ワールドカップ寝不足デイズの中、2巻目まで読み進めて、はたと気づいた。
改行とひらがなが、わざとらしさではなく自由に流れるこの感じは、
たぶん原稿が手書きだからだ。

呼吸のような改行と、ペンが走るに任せたひらがな。
変換しながらのタイピングでは出ない味だなと思う。
そうか、これが司馬節なのだなあと、勝手に納得。

だからなんなんだ、と我ながら思うのだけど(笑)、
やっぱり、スタイルのあるものが好きだなあ。

人、と、ひと、は違うし、
好き、と、すき、も違う。
上手に説明出来ないけれど、そのわずかな差で、
伝わるものの質や量が変わる。
それが、表現、というものだと思う。

ま、もしかしたら全部計算ずくかもしれないけど、
それはそれで、恐るべしプロの仕業。


Comments are closed.