その果て


tour2011花の名前「藍」東京公演

/w 宮崎裕介
01.Wing with Wind
02.flower
03.サヨナラ
04.アスピリン

弾き語り
05.Good friend
06.あたたかい沈黙
07.遠くから
08.何もない
09.風のかたち

/w 宮崎裕介
10.Life is a Traffic Jam
11.心歌
12.M78

/w 宮崎裕介&黒田晃年
13.Fly
14.エデン
15.月と坂道

弾き語り
16.一輪
17.Fear
18.満月
19.空に散る
20.イノセンス

E.C
/w 宮崎裕介&黒田晃年
01.Down
02.光

/w 宮崎裕介
03.いずれ散りゆく花ならば

E.C-2
弾き語り
01.願わくば

24曲で3時間40分って、計算合わない、気もしつつ。
一夜明けて。

また同じように準備をして、同じようにライブやるってわかってるのに、
なんで終わるといちいちこんなに淋しいんだろう、と考える。
で、それは結局、同じことをずっとやってるからだ、と思い当たる。
同じことをずっとやってるから、
同じものがいっこもないってことがわかる。
行為は同じでも、2011年の11月20日は、もう二度とない。二度と。
そう思うと、からだがふたつに折れ曲がるほど、淋しい。

くり返しの、その果てにしか見えないものがある。
わかっていても、次を目指す。
とてつもない淋しさは、
いつだって、とてつもない喜びと背中合わせだから。

それぞれの火を胸に集まってくれた皆さん、
遠くで歌の火を掲げていてくれた皆さん、
ありがとう。
また、次の果てで会いましょう。

終演後バックステージにて。
強力な飛車角にも感謝とハグを。
なんで晃年くんの顔がこんななのかは謎なんですけど(笑)
このあと打ち上げは3時まで続いたのでありました〜

111121


16件のコメント

  1. あたしにとっては世界一短い3時間40分、でした。
    2回目のアンコールの時、
    ホントに、もう一回1曲目からやり直したいって思ったの(笑)

    そんなふうに思えたこと、思わせてくれた皆さん、
    全部、ありがと、ありがと。

  2. 本当に感動しました。
    やっぱりライブで聴くと曲に対する感情移入の度合いが変わります。
    行きのipodで聞いた美也子さんの曲と、帰りのipodで聞いた美也子さんの曲。
    同じ曲なのに、違う曲のように聴けました。
    本当に素敵でした。また会いに行きます。

  3. お疲れ様でした。
    まさかぶっ通しの4時間?になるとは・・・。
    涙こらえるのもたいへんでしたが
    トイレを我慢するのもたいへんだった?(笑)。
    ステキな一時をみんなと一緒に味わえて
    サイコーでした。
    ありがとうございました。

  4. 前に友達が座ってなければ、また時計を破壊しそうになりましたw
    美也子さんの暖かくて強くて優しい想い、たくさん頂けて嬉しかったです。
    あれだけ魂を削ったら、俗世に戻るの大変でしょうw
    年末も近いですから身体に気をつけて、今年よりも凄まじい2012年を迎えてください。
    記念すべき20周年への助走もしないと、ですね!

  5. なんか良い意味で、シノハラミヤコ様は歌の言葉、ひとつひとつで
    魂を紡いでいるのだなあ、と感じたライブでした。夕鶴の鶴かあってな
    もので。(前のキソチンさんが「魂を削ったら」と書いていますが、逆の
    ようで同じ意味だと思うんですよ)
    初参戦だったんですが、いつもこんなに長いんですか。なんかマラソンライブの領域に入ってますよね。心がこもっている事が良くわかる一方で、やっぱり体力勝負?ライブ終わったら3kg減とか軽くいきそう!
    次回はMCで泣かそうとするの辞めましょうよ(笑)本当にもう!サバサバ姉御も
    ウェットなところがあるんだなあと改めて感じたライブでした。確かにそういう
    面がなければ、あんな良い曲書けないものね。
    今後も行くぞと堅く心に誓ったライブ体験でした。

  6. お疲れ様でした。
    私にとっても濃密なあっというまの3時間40分でした。
    何度も、“時間よ、止まれっ”と願いました。
    美也子さんが灯してくれた火を掲げて日々を過ごします。
    もう二度と来ない2011年11月20日をありがとうございます。

    PS:今年は私の中のふとしたきっかけで、いろんな初めての場所で美也子さんのライブを見る事が出来て良かったです。いつかまた違う場所で見たいな。会いに行って良かったです。

  7. バックステージのスナップ写真が全てを物語っていますね♪

    PS.
    美也子さんはどうしてMステ等のTV番組に出ないんでしょうね(笑)

  8. お疲れ様でした。
    立ち見組だったので、ふくらはぎが筋肉痛ですw

    サプライズゲストありの濃厚な3時間40分を過ごすことができて、本当に楽しかったです。
    個人的には3人で演った「DOWN」が特に感動しました。

    次回は、4時間超えを想定して、足腰鍛えておきますw
    ありがとうございました。

    PS.昔、Mステ出ましたよね?

  9. お疲れ様でした
    今日まで感動の余韻にず~っと浸っていました
    長いようで短かった3時間40分
    すてきな時間をありがとうございます
    マイクを外して歌ってくれた時は
    本当に涙をこらえきれなくなってしまいました
    忘年会を楽しみにしています

  10. 『出藍之誉』

    美也子様、当日季節外れの気温よりも『熱い』ライヴ、堪能しました。
    観に行って良かった~。

    P.S.
    今回は『藍』ではなく、『白』でもなく、交響曲『赤』、またママ会にでもお使い下さい。

  11. 4時間弱にもわたるライブの後、美也子さんが「もう一回最初からやりたい」と言った時、もしも本当にまた最初からフルセットでやってくれるなら私迷いなく朝帰りを選ぶ…!と思いましたw

    今回初めての最前列で、ちょっと宮崎さんは遠かったけれど、歌ってる美也子さんの表情もサスティンペダルを踏む足元も、途中参戦の黒田さんの華麗な手元もかぶりつきで見ていました。
    淡々とあまり表情を変えない宮崎さん、自分が歌っているかのような表情で弾く黒田さん、対照的でしたけど時折ステージの端と端でアイコンタクトを交わしていたのがとても素敵でした。

    篠原美也子ファンやってて、得か損かと言われたら間違いなく得です。私の人生まる儲けです。
    だって、こんなに何度も同じ人のライブに行っていて、そのたびこんなに幸せなんですから。

  12. ライヴ告知からずっと心待ちにしていた時間を思えば、
    当日の3時間40分なんて一瞬みたいなもの。

    でも、だからこそ体験できた喜びがずっと残っているのだと思います。

    お疲れ様でした。
    そして、ありがとうございます。

  13. 遅ればせながら、美也子さん、東京公演、及び、今回のツアーお疲れ様でした。
    ツアーであって、全く違うそれぞれのライブのセットリスト。
    今回は3公演共に観る事ができて、得した気分です。
    そして、美也子さんが考えに考えたセットリストに3公演共に、ガツーンとやられちゃったわけですが。。
    いいんですよ、全く同じセットリストでも。
    その土地土地で感じ方も違うと思いますし、また、アレンジを変える、サポートメンバーを替える、ピアノを変える、ってのも、ありだと思いますし。。
    次のツアーを楽しみにしています。

  14. 前日に赤いペディキュアブログを読んでいたので
    いつもより紅い口紅に込められた気合いを感じて、
    つい見てるこっちの気も引き締まりました。

    18年で19枚のアルバム。
    一時停止期間を経ての時間が長くなったことが単純に嬉しいです。
    歌い続けてくれてありがとう美也子さん、
    見守るファンの皆さんも往生際悪くて本当にありがとう(笑)

    3時間40分のライブも長いようで振り返るとあっけなくて。
    あとで振り返ったとき、このツアーはどんな記憶として残るんでしょう。
    それもいつかあとのお楽しみとして。

    このライブに立ち会えたことに誇りと感謝を。
    ありがとうございました。

  15. どうやって書き表したらいいのか、時間がたった今でもまだわかりません。
    歌を、気持ちを、ありがとう。

  16. 盛りだくさんだった東京ファイナル、
    3時間40分だけではなく、大阪・名古屋まで巻き戻せたなら…
    そう思ってしまうのは欲張りかな。
    ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。