シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

その果て

tour2011花の名前「藍」東京公演

/w 宮崎裕介
01.Wing with Wind
02.flower
03.サヨナラ
04.アスピリン

弾き語り
05.Good friend
06.あたたかい沈黙
07.遠くから
08.何もない
09.風のかたち

/w 宮崎裕介
10.Life is a Traffic Jam
11.心歌
12.M78

/w 宮崎裕介&黒田晃年
13.Fly
14.エデン
15.月と坂道

弾き語り
16.一輪
17.Fear
18.満月
19.空に散る
20.イノセンス

E.C
/w 宮崎裕介&黒田晃年
01.Down
02.光

/w 宮崎裕介
03.いずれ散りゆく花ならば

E.C-2
弾き語り
01.願わくば

24曲で3時間40分って、計算合わない、気もしつつ。
一夜明けて。

また同じように準備をして、同じようにライブやるってわかってるのに、
なんで終わるといちいちこんなに淋しいんだろう、と考える。
で、それは結局、同じことをずっとやってるからだ、と思い当たる。
同じことをずっとやってるから、
同じものがいっこもないってことがわかる。
行為は同じでも、2011年の11月20日は、もう二度とない。二度と。
そう思うと、からだがふたつに折れ曲がるほど、淋しい。

くり返しの、その果てにしか見えないものがある。
わかっていても、次を目指す。
とてつもない淋しさは、
いつだって、とてつもない喜びと背中合わせだから。

それぞれの火を胸に集まってくれた皆さん、
遠くで歌の火を掲げていてくれた皆さん、
ありがとう。
また、次の果てで会いましょう。

終演後バックステージにて。
強力な飛車角にも感謝とハグを。
なんで晃年くんの顔がこんななのかは謎なんですけど(笑)
このあと打ち上げは3時まで続いたのでありました〜

111121


16 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です