シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

Latest

ワンマンライブ「ノンタイトル」

2019年秋の弾き語りワンマン、代官山UNITにて開催決定。
8/24(土)より一般発売開始!
ピアノ一本、センターステージ、360度客席の格闘技スタイル。
ノンタイトル。でも、ガチの勝負。
どなたさまも決してお見逃しの無いよう!» 続きを読む

遥かなる〜ラグビーワールドカップ2015-2019〜

まえがき

 いろいろなところで話したり書いたりしてきたが、私がラグビー式フットボールというスポーツに出会ったのは97年。当時代表監督に就任した平尾誠二さんがあまりにカッコよかったから。ルールなんて全然知らず、あわよくば平尾さんをひと目見られないかしらというミーハー根性丸出しで突っ込んだスタジアム。そこで私は、楕円球をめぐる陣取り合戦を生まれて初めて生で見て、そして恋に落ちた。もう20年以上前のことである。

 大学生、社会人(現トップリーグ)、選手権。秋の初めから冬の終わりまで、週末の秩父宮、あるいは旧国立競技場通いが始まり、99年、音楽家としてのキャリアが一旦終わってからもそれは続いた。神宮外苑の空を横切る白いボールを眺めながら私は底値の時期を乗り越え、幸運にもまた歌い始めることができた。

 子供が生まれてスタジアムから足が遠のき、手が離れてまたすこしずつ、という頃に迎えたラグビーワールドカップ2015イングランド大会。9月に開幕を控えたその夏、私は初めての著書となるスポーツ観戦エッセイ集の仕上げに追われていた。折しも国立競技場建て替え問題が勃発し、ラグビーファンとしてなんとなく悔しかった気持ちを書き下ろし最後の一編にまとめ、その後本大会を見ながら描いた日本代表のイラストがカバーになり、「スポーツに恋して」はその年の11月、無事世に出た。

 満月から満月へ月がめぐるごとく、あれから4年。ラグビーワールドカップ日本大会開幕まで、あと3日。» 続きを読む

生涯いちどの

若き日に出会った篠原美也子の歌を支えに、
ライブもできる宿を営んでいるというご主人から、
気持ちしかない、という気持ちのあふれる出演依頼のメールが届いたのは、
平成最後の桜が咲いた頃。
うれしいやら驚くやら、軽く混乱しながら、» 続きを読む

星と灯台〜第五夜〜札幌

THANK YOU!

篠原美也子×拝郷メイコがお送りするツーマンショウ、
北海道上陸決定。
加速するハーモニー。時に重なり、時に反発する声。» 続きを読む

唱夏2019

THANK YOU!

「唱夏2019」
8.11(日)GANZ » 続きを読む

星と灯台〜第四夜〜

篠原美也子と拝郷メイコがお送りするツーマンショウ「星と灯台」。
第四夜の舞台は隠岐諸島中ノ島。
星降る島へ、光の歌を携えての旅。

THANK YOU!!» 続きを読む

10年目のママドン

もともと、つるむのは好きじゃないし、
長くやってきたわりに横のつながりがすくないのはむしろ自慢なくらいなんだけど、
このふたりはやっぱちょっと別で。
5月11日、5年ぶりのMAMA DON’T » 続きを読む