シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

Latest

冬のワルツ

fuyu-no-waltz22017年ワンマンはここから。

篠原美也子ワンマンライブ「冬のワルツ」
1/21(土)渋谷 ラストワルツ

17:00 open/17:30 start
前売\4,000/当日\4,500(ドリンク別)
問)03-6427-4651 ラストワルツ

【チケット先行】12/3(土)正午〜12/11(日)深夜0時まで
篠原美也子HP内STOREにて受付

THANK YOU! SOLD OUT!!

 

 

天に積むもの

わかったぞ、最終日ぐうの音も出ないくらいいい天気にして、
ああなんか今年一年いい年だったなあって思わせちゃおうって魂胆だな、
ふん、だまされるもんか、などと思いつつ、
だけどだまされちゃおうかなと思ってしまいそうになるくらいよく晴れた、
2016年おおつごもり。

名伯楽と呼ばれたボクシングトレーナーのエディ・タウンゼントは、
海老原博幸、井岡弘樹など6人もの世界チャンピオンを育てたにも関わらず、
その名声に反してお金にはさっぱり縁がなく(笑)ごくつつましく一生を終えた。

エディが亡くなった時、
縁の深かった金子ジムの会長でクリスチャンだった金子繁治氏は、
「エディさんは、天に財宝(たから)を積んだ人です」
と言ったという。
地上に積んだ財宝は盗人に盗まれ、虫に食い破られるが、
天に積んだ財宝だけは永遠である、
という新約聖書マタイ伝の一節だそうだ。

何をやっても手の中がからっぽに思えたり、
報われなくて、ただへとへとで、全部バカみたいに思えたり、
そういう時たまに、このエピソードを思い出す。
そして、いや、まあ、財宝じゃないし、
どっちみち天に積むほどのもんじゃないし、と、
照れくさくなって、ぷぷっと笑っちゃったりする。

でも、

管理人さんもいなくていいし、屋根付きじゃなくていいし、
青空駐車場とか、空き地でいいから、雨ざらしでいいから、
誰かを思って甲斐無く走ったことや、
詮無いと知りながら自分のために明日の歌を選んだことが、
あの空のどこかに積まれていますように、
それは私にとってやっぱり、たから、だから、

と、

願いたくなるような2016年最終日の空だった。

シン・ゴジラも君の名はも逃げ恥も真田丸も、見事オールスルーしたけど(笑)、
今年一年の喜びに、悲しみに、
心からの感謝を込めて。
何より、私とともにあってくれたあなたの心に、渾身のありがとうを。
また来年、会いましょう!

矜持の問題

サトルくん、みっけ、というわけで、
思いがけない人も登場する宇都宮徹壱さんの新しいご本「サッカーおくのほそ道」。
ゆうべ、宇都宮さん、千田善さん、中村慎太郎さんご来店でご本の門出を祝いつつ、
USTREAM居酒屋みやこは久々に初心に戻っての完全酔っ払い宴会中継(笑)
こないだ復活した機材がまたもトラブって、急遽スマホからの配信になってしまったので、
見づらい聞きづらいあったと思います。すみませぬ。
でもちょっと突っ込んだ話も出来て、個人的には楽しかったす。

「サッカーおくのほそ道」は、
日本のあちこちのJをはるかに仰ぎ見る地域や企業のチームを、
宇都宮さんが何年もかけて訪ね歩き、
風景を眺め、人と出会い、話を聞いた記録の書。
読ませていただいて、ああこれは足音が聞こえる本だな、と思った。

このご時世、まあいろいろ事情はあるのだろうけど、
お金はもちろん、足も脳みそも使わずに発信される情報が多いらしいので、
やっぱりこういう丁寧なルポルタージュは貴重だなと思う反面、
現場行って話聞いたり、きちんとインタビューするみたいなことが、
あんまり当たり前じゃなくなってきてるのかな、とちょっと淋しくもあり。

すこし前にサッカー界隈で話題になったエア・インタビュー騒動。
この件の発起人(笑)、作家の田崎健太さんとは宇都宮さんを通じて知り合い、
良き飲み友達として仲良くしていただいている。
エア騒動自体の正否はさておき、
田崎さん自身徹底的に足を使って取材をして物を書く人なので、
そのあたりがずるずるなし崩しになりつつあることが許せなかったんじゃないかなと思う。
根っこのメッセージはとてもシンプル。
要するに「ちゃんとやれよ」ということ。

こないだテレビでバレエダンサーの熊川哲也さんが、
たぶんバレエの公演のチケットがお高い、という話に対してだと思うのだが、
「敷居を下げてはいけないものがある」と毅然と言い放っていた。
オレたち素晴らしいもん作ってるんだから当然高いよ、
という当たり前さに驚く自分に驚きつつ、ちょっとたじたじしつつ、
でもぜひ突っ切っていただきたいと思った。
敷居はいちど下げてしまったら戻すのは容易なことではない。
音楽のストリーミングサービスはほんとうに素晴らしいけど、
いちどタダで手に入れてしまったら、財布の紐は当然固くなる。
このジレンマは果てしなく深い。

くるしい、しんどい、とぶちまけてしまえば楽になる。
こんな時代で、ご時世ですから、と言い訳はいくらでも出来る。
それをやるかやらないかは、矜持の問題。
担保はクオリティのみ。

芋づる式に思いは巡り。

「足音が聞こえる本」を読んで、
私も「心の音が聞こえる歌」を書かねばいかんな、と思った次第。
どんなにかたちが整っていても、それらしいことが書いてあっても、
何も聞こえてこないモノではなく。
矜持の問題。
発信者としてはもちろん、受信者としても。

転ぶこと

161204さまざまなジャンルのカリスマがやってきて、
子どもたちをコーチする姿を追っかけた「奇跡のレッスン」という番組。
すこし前、たまたまフィギュアスケート編を見た。
福岡の近く、飯塚の小さなスケートリンクの教室にやってきたのは、
アイスダンスの元世界チャンピオン。

彼女の最初のレッスンは、転ぶこと。
「転んでもいいの。大事なのはどうやって立ち上がるかということ」
まるでそこも振付のひとつであるように、さあ、転んで、そして立ち上がって。
狐につままれたような顔をしながら、そのうち子どもたちは楽しげに転び始め、
手足をきれいに使って立ち上がれるようになっていった。

明日、14歳になる息子。
1日早いけど、今日サッカーの試合頑張ったし、フライングケーキ。
転んでもいいよって、言えたかなあ。
転ばないで、転んじゃダメ、ばっかり言ってきちゃった気がするなあ。

もうとっくに私の背を追い越して、牛丼もつけ麺も特盛で、
とにかく扱いづらい生き物であるわけですが、
まあ私も思えば35年くらい中二病のまんまのような気もするし、
お互いさまね、負けないぜ、って感じで。
とりあえず丈夫で、ありがとう。
最近ちょっと、やさしいよね。

いいも悪いもなく、これからガンガン転ぶと思うし、
立ち上がりたくない時も来ると思うけど、
その時何かしてあげられるか、わからないけど。

中3の娘とぶつかってばかりで悩むお母さんに、
カリスマコーチはこんなこと言ってた。
「演技のことばかりではなく、お母さん自身のこと、人生のこと、
いろんなことを話してあげてください。
そしていつも、愛しているということを、伝えてあげてください」

セ、センセー、無理です、ニッポン人なので(笑)

伝えられないけど、伝えたいと思ってることがなんとか伝わればいいかな。
親の心子知らず。私もそうやってきっとオトナになった。
行く道に、困難と同じ数の突破がありますように。
夜と同じ数、朝は来るから。

日付変わって、12月5日。ウチの息子、お誕生日、おめでとう。

助走としての師走

161203-1坂本サトルくん実家リンゴ農園で、サトルくんの弟さんが作ったというリンゴ。
昨日、サトルファンの方からおすそ分けいただきました。
なんてきれい。冬の赤。

「the Meeting〜シンガーソングライターと、出会う〜」。
今年1月に手探りでスタートして、楽しくてやめられなくなって、
5月、9月と回を重ね、ゆうべ4回目をにぎやかに終えました。
ゲストは毎回4人、4回で16人!
たくさんのシンガーソングライターと出会ったなあ。
よく知ってる人も、初めて会う人もいたけど、
とにかくあの場所で「出会った」なあ、と、いま不思議な気持ちで、
胸の中がとてもあたたかくなる。

来年も大事に育てていけるといいなあと思う。
また、たくさん出会えるといいなと思う。
出演してくれた同業者の皆さま、
集まってくれたお客さんたち、
試みを面白がって支えてくれるスタッフ諸氏、
そして脱線し続ける私を華麗な手綱さばきで走らせてくれる相棒坂本サトルくん。
大きく、大きく、感謝を。

もっと深く、もっと楽しく、歌と人を伝えられるように、
MC勉強しなくちゃ。来年の目標。

個人的には2016年歌い納めでありました。
でも年明け最初のワンマンの先行が今日から始まって、
ああ新しい年にバトンが渡ったなあと感慨深く。

1年締めくくりの師走。
ゴールするためではなく、新しい年への助走としてのラストスパート。
たくさん、たくさん、ありがとう。
時間に追い越されるんじゃない。私が2016年から立ち去るんだ。

音始め2017SEEDSHIP出航

歌い初めはここから。

〜音始め2017SEEDSHIP出航〜
1/8(日)下北沢 SEED SHIP

出演:篠原美也子/松谷さやか/菅野恵

15:00 Open /15:30 Start

Thank You!!

the Meeting〜シンガーソングライターと、出会う〜 Vol.4

年内最後のthe Meeting、第四弾!

the Meeting〜シンガーソングライターと、出会う〜 vol.4
12.2(金)18:30/19:00 Yokohama O-SITE

出演:篠原美也子/坂本サトル/大森洋平/入日茜/古山潤一/やもとなおこ
前売\3,000/当日\3,500(ドリンク別)
全自由席

こんなイベントです、という映像を作りました!
ぜひご覧ください。FBページにいいね!もよろしく!
https://www.facebook.com/TheMeetingOsite/
Thank You!!