シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

桜駅

久しぶりに通った駅 窓から見える土手の桜
光の中 舞い散って 風が白く霞む

あの頃よく通った駅 あなたに早く会いたくて
発車のベル待ちながら ぼんやり見てた桜

おかしいくらい変わらない景色
不意に時が止まる 戻る

思い出すほどに遠く離れて
振り向いても 届かなくて
過ぎ去りしもの それはいつでも
季節じゃなくて 私なんだ

覚えてるのはあなたじゃなく あなたに早く会いたくて
発車のベル待ち切れずに いらいらしてた私

動き出す電車 流れ出す景色
揺れる窓の向こう 桜

スピードが上がり小さくなって
振り向いても もう見えない
立ち去ったのは こうやっていつも
季節じゃなくて 私だった

またひとつ春を失うけれど
また出会える きっと出会う
めぐりゆくもの それはいつでも
季節じゃなくて この思い

スピードを上げて風をくぐって
次の駅を目指して行く
失ってきた だけどいつでも
終わりじゃなくて はじまりなんだ
だからきっと こんなに春は
美しいんだ