シンガーソングライター篠原美也子のオフィシャルウェブサイト

ノーコンエッセイ

前夜〜ラグビーワールドカップ2019〜

 予選ラウンド終了。ああ、4年前はここで終わりだったんだ、と気づいた。前回イングランド大会、日本代表は、最終戦第4戦の結果を待たずに予選敗退が決まっていた。4戦目に勝って3勝1敗にして南アフリカとスコットランドに並んでも、ポイントが届かないとわかっていたからだ。くるしいメンタルの中、日本代表はきっちりアメリカを退け、堂々の3勝を挙げた上で大会を後にした。悔しかったけど、残念だったけど、それでも長いことひっそりラグビーを見てきた身としては、十分お釣りの来る三週間だった。

 だから、やっぱり、まだ、なんとなく、信じられないでいる。丸ごと浮かれポンチになりたい気持ちはやまやまなれど(まあ、半分なってるけど)、身についた貧乏性をどこかふりほどけずにいる。決勝トーナメント進出が決まって、何かのテレビ番組にゲストで出ていた元日本代表フッカーの坂田正彰さんが「この8チームの中に日本がいるって、どういう気持ちですか」と聞かれて、「素晴らしい!」とか「サイコーです!」とか言いたいんだろうけどもごもごと困り果てて言葉を失っているのを見て、なんかわかるぞ、と思った。だってありえないもん。しかも予選プール4連勝の1位通過って、これは篠原美也子が紅白に出るくらいすごいことですから、マジで。

 だから、私もいまはあんまり言葉がなくて、でも毎日どっち向いてもラグビーのニュースで、いろんな人がたくさんラグビーを語ったり書いたりしてるから(それはそれでなんか信じられない事態だったりするけど)、ああよかったなあ、それでいい、と思っていたりする。

富士山、能面、和太鼓、お囃子、祭り、思いっきりベタな「ニッポン」を連獅子の気品でまとめ上げた、コンパクトでキレのいい開会式。見てる方もやってる方も緊張して死にそうだった開幕ロシア戦。一生にいちどの試合を見てしまった、と思った4年前の南アフリカ戦に続き、またも「見てしまった」アイルランド戦。アイランダーの意地と誇りを軽々とはねのけたサモア戦。そして、嵐。長い夜。中止、開催、どちらもくるしかった決断。ラスト24分間、攻め続けたスコットランド、守り切った日本。「こんな時に、ラグビーは小さいこと」。歴史的勝利のあとのトンプソンルークの言葉。たかがラグビー。何ひとつ救えるわけじゃない。でも、あの夜であるべきだった。劣勢に於いてなお勇敢であるということ。倒れたら起き上がるということ。何度でも。鎮魂と反骨。人生はいつだってフェアでもなんでもなく、目の前のどっちに転がるかわからないボールに、ただ手を伸ばし続けるしかない。あの夜私たちは、ラグビーにしか歌えない歌を聴き、佐瀬稔さんの言葉を借りるなら、レッスンを受けた。悲しみと、悲しみに向き合う姿勢についての。

 常々、ルールわかんないし、と敬遠されがち。でも、今回ワールドカップを見て、あれ、ルールわかんなくても面白いぞ、と思った人、結構たくさんいるんじゃないかなと思う。だから言ったじゃん、ラグビー面白いよって、ずーっと言ってたじゃーん、と、私は心の中でちょっと威張る。ルールは句読点に過ぎない。点やマルがあってもなくても、物語はちゃんと伝わる。「にわか」という言葉が、すごく前向きに楽しく使われてるのもいい。何度でも言う。私がラグビーを見るようになったきっかけは、当時代表監督だった平尾誠二さんがあまりにカッコよかったから。平尾さんを通じて、私はラグビーと恋に落ちた。明日で、亡くなってちょうど3年になる。あの時、あんまり悲しくて、「遥かなる」という歌を書いた。» 続きを読む


遥かなる〜ラグビーワールドカップ2015-2019〜

まえがき

 いろいろなところで話したり書いたりしてきたが、私がラグビー式フットボールというスポーツに出会ったのは97年。当時代表監督に就任した平尾誠二さんがあまりにカッコよかったから。ルールなんて全然知らず、あわよくば平尾さんをひと目見られないかしらというミーハー根性丸出しで突っ込んだスタジアム。そこで私は、楕円球をめぐる陣取り合戦を生まれて初めて生で見て、そして恋に落ちた。もう20年以上前のことである。

 大学生、社会人(現トップリーグ)、選手権。秋の初めから冬の終わりまで、週末の秩父宮、あるいは旧国立競技場通いが始まり、99年、音楽家としてのキャリアが一旦終わってからもそれは続いた。神宮外苑の空を横切る白いボールを眺めながら私は底値の時期を乗り越え、幸運にもまた歌い始めることができた。

 子供が生まれてスタジアムから足が遠のき、手が離れてまたすこしずつ、という頃に迎えたラグビーワールドカップ2015イングランド大会。9月に開幕を控えたその夏、私は初めての著書となるスポーツ観戦エッセイ集の仕上げに追われていた。折しも国立競技場建て替え問題が勃発し、ラグビーファンとしてなんとなく悔しかった気持ちを書き下ろし最後の一編にまとめ、その後本大会を見ながら描いた日本代表のイラストがカバーになり、「スポーツに恋して」はその年の11月、無事世に出た。

 満月から満月へ月がめぐるごとく、あれから4年。ラグビーワールドカップ日本大会開幕まで、あと3日。» 続きを読む


2014年夏のこと・後編

※前編はこちら

さて。

ここからは今回の歌詞盗用事件を通じて、私が個人的に感じたことを書こうと思う。前編を書いて、間を空けずに後編を書くつもりだったのに、思いの外疲労感強く、すこし時間が経ってしまったが。

●JASRACとのやり取り
» 続きを読む

2014年夏のこと・前編

私の「place」 という歌の歌詞が、ほとんど丸ごと使われている歌があり、全く知らない他人名義で歌われ、CDまで出ているらしい、という、ファンの方からのメールが届いたのは、7月半ばのことでした。

最初、ちょっと笑いました。なんじゃ、そりゃ。あまりにも思いがけないことで、それはやっぱり私が注意しないといけないのかしら、とか、ぼんやりと、呑気でした。

調べてみると、メロディは付け替えられていましたが、歌詞は確かに私の歌詞でした。ごく細かい部分(いつでも→いつも、のような)、くり返しの仕方など違っているところもありましたが、基本的にはほぼ丸写し。詞は夫、曲は妻、ご夫婦での共作、ということになっており、歌っているのは奥さんで、タイトルも変わっていました。

知らせてくださったファンの方からの続報もあり、さらに調べて行くと、その歌が、夫妻の自主レーベルから2013年1月に正式にリリースされ、Amazon、HMVなどで普通に取り扱われていることがわかりました。1年半も前か!と、ちょっと衝撃を受けつつ、ああこれはまずい、と思い始めたのはこのあたりからです。» 続きを読む


再びクラシック!

「行き先はボールに聞いてくれい」第6球

水だ乾パンだとさんざん騒がせといたあげくあっさりやってきやがった2000年。あくまで他力本願的社会転覆を心ひそかに期待していた今世紀最後のアナーキストシノハラミヤコとしては、はなはだ拍子抜けの年明けだったが、そろそろ正月気分も抜けよーかって頃、いきなり財布を落としてガックリ。やはり神さまは不埒な心を見逃さないらしい。

ここはひとつ心を入れ替えて、清く正しく(?)生きねば!と決意した私、最近久々に、クラシックピアノに熱中している。

こないだのライブで、改めて、あたしってピアノ下手よねぇと思ったせいもあるが、実家に帰った折、ふと思い立って、ベートーベンのソナタ集を引っ張り出して持って帰ってきた。

このソナタ集には、ベートーベンの1~15番までのソナタが収められているが、1番の1楽章を、私は高2か高3の時の発表会で弾いている。忘れもしない、右手の分散和音から始まるこの曲、当時から小心者でめちゃめちゃ緊張するタチだった私は、舞台に出て椅子に座った時、頭の中が真っ白になっていることにも気付かないくらいあがっていたようで、それっとばかりに弾き始めたところ、全くとんちんかんな音が鳴っていた。すでに慌てる余裕すらないほど舞い上がっている私は、むしろ冷静に、はて?、と手を止め、気を取り直し改めてさんざん練習したはずのその音に向かって、今度こそと指を打ち下ろした、がしかし、発表会用のコンサートグランドのハンマーが叩いた弦の音は、無情にもまたもやさきおとといの方角の音だった。» 続きを読む


新春スペシャル「1999.12.26に関する自問自答」

「行き先はボールに聞いてくれい」第5球
新春スペシャル『1999年12月26日に関する自問自答』

Q.まずは有馬記念のことからお伺いしたいんですが。
A.(笑)いきなりですか。

Q.ええ(笑)やはりシノハラミヤコと言えば、ギョーカイで一番赤えんぴつの似合うシンガーソングライターってことでしたから。» 続きを読む


特選ミステリィ紹介

「行き先はボールに聞いてくれい」第4球

 ああ、なんてステキなんでしょ、竹内キャプテン。頬骨の高いところといい、奥二重のきりっとした目元といい、もううっとり。弱い弱いと笑われ続ける、バレーボールの全日本男子のキャプテンとして、ものもらいが出来るほど悩みつつチームを引っ張るいじらしい姿に、おねーさんめろめろでございます。
 ・・・と、やっぱりスポーツネタで始まっちまったノーコンエッセイ第4球、前回告知したとおり、”年末年始コンピュータばっかしいじってないでおめーらすこしは本読めよY2Kで電気落ちたらコンピュータなんざただの箱だけど本はローソクでも読めるってもんだよどーだ参ったかってなわけでシノハラミヤコ独断と偏見による特選ミステりィ紹介”なのだ。

1.まずは古典だ!!
 私とミステリィとの付き合いは、小学生の頃近所の図書館で、確かポプラ社とか言う出版社から出ていた、子供向けのホームズ、ルパン、怪人20面相の各シリーズをかたっぱしから読むことから始まった。» 続きを読む


なりふり構って~バレーボールW杯~

「行き先はボールに聞いてくれい」第3球

 バレーボールW杯、日本女子が中国に対し5年ぶりの勝利をあげた日、夜のスポーツニュースで、ロッカールームに引き上げてくる選手達の喜びの表情を見ていた。
 大懸、熊前、板橋、みんな汗まみれで、興奮の為か、むしろ青ざめて見える。チーム一の長身で、ブロックや速攻に活躍した江藤選手は、「いやー泣いちゃいましたー」と顔をくしゃくしゃにしていた。勝ち負けが明確に設定されているスポーツという分野ならではの、このシンプルな瞬間、やっぱいいよなーなどと、ひとり悦に入っていたのだが、ふと見ると、汗で額に張りついた髪をかきあげる江藤選手の指先には、うすいピンクのエナメルがきれいに塗られていた。そう言えば、今大会注目の成長株、若干21歳の鈴木選手は、両耳合わせて4つのピアスが光ってたっけ(余談だが、鈴木のブロードの見事なこと。これで多治見も安心ってわけだ)。
 ああ、いいなあ、と思った。
 なりふリ構わず、という言葉がある。普段の生活の中でもよく使われるが、精神的にも肉体的にもストイックさを要求されるスポーツ選手の場合、どちらかと言えば、なりふり構わなくなってしまう、あるいは、構うことを抑制されてしまうという場合が多いのではないだろうか。» 続きを読む


華はあるか~私見日本シリーズ・中日-ダイエー~

「行き先はボールに聞いてくれい」第2球

 おいおい、この盛りあがんない日本シリーズ、一体どーすんだよ。
 あたしは確かに巨人ファンだが、野球というスポーツ自体好きだし、実際、去年の横浜対西武も、かなり夢中になって見た。ま、あたしくらい人間の器がでかいと、ひいきの球団がどーのこーのなんて、料簡の狭いことは言わないんであるが(なはは)、それにしても今年はちょっとつれえなぁ。
 
 華が無い、というのは、プロフェッショナルの世界において、残酷なことである。
 ダイエー工藤は、もはや球界屈指の左腕と言っても過言ではなく、第一戦では、今年から使い始めた高速スライダーを武器に、シリーズ新記録の13奪三振。2戦目では力が出せなかったものの、今期絶好調の若田部もいるし、中継ぎのニューフェイス篠原、押さえのペトラザと充実した投手陣。打線には、ホームランキングに輝いたこともある小久保をはじめ、ベテラン秋山、イキのいい、ついでに顔もかわいい城島、井口、駿足村松もいる。» 続きを読む


はじめに。

「行き先はボールに聞いてくれい」第1球

 このご時世、いまだにケータイ持ってないコンピュータ持ってない、ないない尽くしの私である。頼みの網、じゃない綱だった「ROOM493」のホームページも終わっちまって、ついに人間陸の孤島と化したか・・・と思いきや、日本でのムコ捜しをあきらめ、語学留学という皮をかぶった女狐と化し、青い目をゲットするべくメリケンへ旅立ったあきらめの悪い関西人こと元マネージャーが、私のホームページを作ったという。妹のコンピュータで(うちの妹は、コンピュータもケータイもちゃんと持っている)どれどれと早速覗いてみると、レアな写真を使うなど、努力の跡は見られるものの、内容はファンクラブの会報のスライド登板である。ま、青い目探しに忙しいことだろうし、かわいそうなので、なんか書いてやることにした。

ところで、妹の端末でこのホームページを覗きがてら、ファンの人が作っているページも覗いたら、アンケートみたいなのがあったので、答えて、妹に送ってもらった。名前ー篠原美也子、で送ったけど、信じなかっただろうなあ。よく、コンピュータの匿名性とか言われるけど、なるほど、こういうことなのね、と実感。この文章にしても、ほんとに本人が書いてんのお、と疑いたい人は疑えばよろし。我こそは、正真正銘、無く子も黙るシノハラミヤコ様である。本人が言うんだから、間違いない。

 辰吉がリングから去り、ジャイアンツは今年も優勝を逃したが、目下私は、ワールドカップ、ワールドカップ、と浮かれ倒している。わーるどかっぷう? 次は2002年だろーがよ、などと寝ぼけたことを言いたれているオレオレ人ども、よおく聞けい。フットボールはフットボールでも、ラグビー式フットボールじゃ。5月のパシフィックリムで見事優勝を果たした我らが平尾ジャパンが、楕円球の聖地と呼ばれるウエールズで行われる第4回ワールドカップに、いよいよ乗り込むのである。» 続きを読む